病院で働くために|今何かと話題の心理カウンセラーになるには
このエントリーをはてなブックマークに追加

病院で働くために

学生

色々な資格

医療系の大学は数多くあります。医療系の資格は国家資格が多く、大学で4年ないし6年勉強し、国家試験を受け、合格することで初めてその職につくことが出来ます。医療系の資格として、6年制のものに医学部・薬学部、4年生のものに看護師(助産師・保健師)・作業療法士・理学療法士・放射線技師・検査技師・栄養士などが挙げられます。また、言語聴覚士やソーシャルワーカーなども挙げられます。特徴としては、専門分野の勉強を中心に行い、国家試験に合格できるよう勉強を行っていきます。また、どの学部も必ず実習を行い、実際の職業の模擬体験をし、その実習をクリアしなければ単位を取ることが出来ません。それぞれの職は独占業務であり、定められた分野で力を発揮していくことになります。

大学に入るために

医療の大学に入るには、筆記試験の他に論文や面接を設けていることが多いです。医療系の資格は人と接する仕事です。面接時にはなぜその学部を受験したいのか、働いたらこうなりないなどの明確な意思を持っているかどうかを求められます。また、大学独自の論文を設けていることが多いです。医療系の内容ですが。中にはコミュニケーションについて記載する学校も多くあります。また、注意すべき点として、大学に入って国家試験に合格すれば終わりではなく、日進月歩の医療なので、働き出してからもずっと勉強していくことになります。医療系の大学に入るためには、自分がその学部や学校を希望した理由、今後どうなりたいかを明確に持つことが重要です。